お知らせ

2021.04.10更新

平素より格別のご配慮を賜りまして、厚く御礼申し上げます。

4月より弊所に、弁護士今村雄人が入所いたしました。
今村弁護士は、弊所入所前、神奈川県内法律事務所及び都内法律事務所で債務整理や交通事故を始めとした一般民事事件を手広く扱い、研鑽を積んでおります。
話すのが好きな性格で、ご依頼者様のお悩みを丁寧に聞きながら、その人にとって最良の解決策を提案できる弁護士ですから、
より一層充実したリーガルサービスを皆様にご提供できる体制となったことを確信しております。

また、事務局にも新たに3名の事務員が入所し、事務局からのバックアップ体制も強化しております。

我々ガーディアン法律事務所は今に満足することなく、より良いサービスをご提供できるよう、日々邁進して参りますので、
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

2021.04.05更新

日頃より格別のお引き立てを賜り,厚く御礼申し上げます。
誠に勝手ながら,2021年5月1日(土)~5月5日(水)は、ゴールデンウイーク休業とさせていただきます。
5月6日(木)から、通常営業いたします。
ホームページのご予約フォームやメールでのご予約,お問い合わせは,上記休業期間中も受け付けておりますが,ご返答につきましては,5月6日(木)以降順次対応させていただきます。
休業期間中,ご不便をおかけいたしますが,何卒ご理解とご協力を賜りますよう,お願い申し上げます。

2021.03.19更新

弁護士木谷倫之が、週刊現代三月二十・二十七日号(講談社・2021年3月15日発売)で取材を受けました。

木谷は、「夫婦で進める 残された妻のための準備 残された夫のための準備」と題する巻頭大特集の中で、任意後見契約や死後事務委任契約についてコメントしています。

2020.12.01更新

日頃より格別のお引き立てを賜り,厚く御礼申し上げます。
誠に勝手ながら,2020年12月29日(火)~2021年1月3日(日)まで年末年始休業とさせていただきます。
2021年1月4日(月)より通常営業となります。
ホームページのご予約フォームやメールでのご予約,お問い合わせは,上記休業期間中も受け付けておりますが,ご返答につきましては,2021年1月4日(月)以降順次対応させていただきます。
休業期間中,ご不便をおかけいたしますが,何卒ご理解とご協力を賜りますよう,お願い申し上げます。

2020.10.26更新

ドナルド・マクドナルド・ハウスは、病気の子どもとその家族を支援するための滞在施設の建設・運営をしている財団です。

病気と戦う子どもたちと、その子どもたちを支える親御さん達が、ほんの少しの時間でも病気を忘れてゆっくりくつろぐことができると、どんなに素敵な時間になるでしょう。

弊所では、離婚問題を始めとするご家族に関するご相談・ご依頼を多く頂戴しており、
これまでにもたくさんの親御さん・お子さま達にお会いしてきました。

ご夫婦の形や親子としての関わり方、ご家族の暮らし方は人それぞれ異なりますが、
全てのご家族にとって共通でなければならないことは、「お父さん・お母さん・お子さま達がみんな幸せであること」。

当たり前のことですが、その当たり前がなかなか実現できずに悩んでいるご家庭もあります。

私達ガーディアン法律事務所は、ご縁をいただきましたお父さん・お母さん・お子さま達がみんな幸せな日々を過ごせることを心から願っています。

2020.07.30更新

弁護士園田由佳が、2020年7月29日(水)放送のフジテレビ「ホンマでっか!?TV」に、『男女トラブル評論家』として出演いたしました。

2020.07.17更新

弊所では、ご縁をいただきました皆様方の当たり前の日常生活を守りたい、その先にある未来・幸せを守りたいという理念のもと、
ご依頼者様からいただきました売上金の一部を使って社会貢献活動を行っております。


今回、弊所では、「国境なき医師団」の「新型コロナウイルス感染症危機対応募金」に寄付させていただきました。


今後も弊所では、微力ながらも社会貢献活動を継続して参ります。

 

2020.07.16更新

令和2年7月14日から、国が実施する家賃支援給付金の申請が始まりました。

簡単にまとめておりますので、こちらをご参照ください。

 

また、弊所の八王子オフィスもあります八王子市におきましては、国の家賃支援給付金制度とは別に独自のテナント家賃緊急支援金制度が設けられています。

こちらは、申請受付期間が8月末日までと短いので、対象の方はお早めに申請されることをお勧めします。詳しくはこちらをご参照ください。

 

(※なお、弊所の国分寺オフィスがあります国分寺市におきましては、現時点(令和2年7月16日)ではテナント支援に関する独自の制度は設けられていないようです。)

 

2020.07.15更新

令和2年(2020年)7月10日から、自筆証書遺言の法務局保管が始まりました。

遺言書には、大きく分けて普通方式遺言と特別方式遺言があり、
このうち、普通方式遺言は、①自筆証書遺言、②公正証書遺言、③秘密証書遺言の3種が用意されています。
そして、このうちの①自筆証書遺言について、法改正によって、作成した自筆証書遺言を法務局で保管してもらえるようになりました。

自筆証書遺言は、公正証書遺言や秘密証書遺言と違って公証人などが必要ないので、いつでも作成費用を気にせず作れるというメリットがありますが、

遺言書を遺言者自身が保管しておくために、相続開始後、利害関係人が遺言書を改ざんしたり、廃棄したりするリスクや、そもそも発見されないかもしれないというデメリットがあります。

しかし、今回の法改正で、自筆証書遺言を法務局で保管してもらうことができるようになりました。


 

■法務局での保管手続の流れ■

 

①自筆証書遺言を作成する

(これは、従来どおり、財産目録以外の箇所を全て自書して作成します。)

②保管の申請をする遺言書保管所を決める

(遺言者の住所地・遺言者の本籍地・遺言者が所有する不動産の所在地、

いずれかを管轄する遺言書保管所から決めます)

③保管のための申請書を作成する

(法務省ホームページか、法務局窓口で申請書を取得します。)

④保管の申請をする

(事前予約の上、遺言書保管所にて申請手続をします。)

⑤保管証を受け取る

 


 

 

■被相続人の死後、遺言書が預けられているか確認する方法■

 

遺言書保管事実証明書の交付請求をしてください。
この請求は、全国どの遺言書保管所でも可能です。相続人・遺言執行者・受遺者等が請求できます。

 

■被相続人の死後、預けられている遺言書の閲覧をする方法■


法務省ホームページか法務局窓口に備え付けの閲覧請求書を用いて、閲覧請求してください。相続人・遺言執行者・受遺者等が請求できます。
遺言書原本の閲覧は、遺言書原本が保管されている遺言書保管所でのみ閲覧できますが、モニターによる閲覧であれば、全国どの遺言書保管所でも閲覧請求ができます。

 

■被相続人が生前に預けた遺言書の内容が記載された書面を入手する方法■

 

遺言書情報証明書の交付請求してください。この請求は、全国どの遺言書保管所でも可能です。相続人・遺言執行者・受遺者等が請求できます。

 


 

以上にみてきたように、自筆証書遺言を法務局に保管しておけば、利害関係人が遺言書を廃棄したり改ざんするリスクを心配する必要はなくなりますし、
全国どの遺言書保管所でも、遺言書が預けられているかどうか調べることができるので、相続人に発見されないという可能性が低くなります。
さらに、遺言書を法務局に保管しておけば、裁判所での検認手続が不要となります。

このように、自筆証書遺言を法務局に保管しておくと、これまで言われてきた自筆証書遺言のデメリットを一定程度緩和することが可能です。

 

弊所では、相続に関する多数のご相談・ご依頼実績があります。遺言書の作成に関するご相談も対応しておりますので、そもそもどの方式による遺言書が良いのか、遺言書の内容にどういったものを記載すれば良いのか、さらには遺言書には記載できない内容を死後事務委任等で決めておくことができるのか、等のご相談があれば、お電話(042-312-4708)お問い合わせフォームから、お気軽にお問い合わせください。

2020.06.24更新

弊所では、本日より、クレジットカードでのお支払が可能となりました。

ご利用いただけますクレジットカードは、Visa、MasterCard、JCB、American Express、Diners、Discover です。
ただし、債務整理案件を始めとする一部案件についての弁護士費用お支払いや、預かり金のご入金等、一部クレジットカードでのお支払ができないものがございますのでご了承ください(債務整理案件のご相談は、何度でも無料です。)。
詳細は、ご相談・ご契約時にご確認ください。

前へ

ご予約・ご相談はお気軽に

お悩み・ご相談がございましたら、国分寺と八王子にある

ガーディアン法律事務所まで、まずはお気軽にお問い合わせください。