求人情報

所属弁護士インタビュー

インタビュー風景-入所のきっかけ・決め手は何でしたか?

江渡)長く働ける事務所を探していたので、事務所内の雰囲気で決めました。
それから、面接の中で執務室内を見学させてもらえるかは重視していて、働いている人同士の会話や空気感(パートナーとアソシエイト間、弁護士と事務員さん間)を見るようにしてましたね。
中尾)私は、自分がやりたかった一般民事事件を多く扱っているからというのもありますが,入所を決めた一番の理由は,一次面接や,二次の食事会を通じて,先生同士の仲の良さや,事務所の雰囲気の良さが伝わってきて,この事務所に入ったら楽しく仕事をできそうと思ったからです。
吉田)私も事務所の雰囲気です。先生方や事務員さんの様子から,アットホームな事務所だと感じ,この事務所で仕事が出来たら楽しいだろうなと感じました。
江渡)私の場合、弁護士の男女比も気にしていました。この事務所には女性のパートナー弁護士もいますから、その点も入所を決めたポイントの一つです。

-仕事をしていて楽しいと思う瞬間や、やりがいを感じる瞬間といえば?
吉田)自身の判断が依頼者の利益に直結するところにやりがいを感じます。正解というものがない中で,考えられる選択肢から,そのうちのどれを選ぶのが依頼者の利益になるのかを考え,少しでも実行出来た際には素直に嬉しいし、楽しいですよね。
中尾)やっぱり、依頼者さんに「ありがとう」と言ってもらえたときは、本当に頑張ってきてよかったなと一番やりがいを感じます。
江渡)依頼者の方にとってよい条件で和解や調停が成立したとき、依頼者の方が晴れやかな顔をされているのを見られた時でしょうか。それと、案件が終わった後で、依頼者の方がわざわざ時間を設けてお礼やその後の報告にきてくださるときは、本当に嬉しいですね。

吉田弁護士-実際に入所してみて、想像と違っていたことはありますか?
中尾)弁護士一年目は,先生方の指導を受けながら,研修のような一年になるのかと思っていたのですが,想像以上に仕事を任せていただけるのだと驚きました。もちろん手厚く指導はしていただけますし,悩むことがあればいつでも相談に乗っていただけるのですが,早いうちから責任感を持ってたくさんの経験を積むことができるので,弁護士として成長するためにとてもよい環境だと感じています。
江渡)事務所については入所する前の印象と入所後で違ったことは特にないですが、弁護士としての仕事については想像していたものと違う点が多かったですね。たとえば、法律知識さえあれば事件が解決できるというものではなくて,ビジネスライクに数字を突き合わせて合理的な結論をとるのか,感情面を優先していくのか,なにが依頼者の方にとって最良の結論なのかはその人ごとに違うので,それを汲み取る能力がすごく重要であるという点は実務につくまで具体的に想像がつかなかったですし、難しく思う点です。

吉田)そうですね、私も、自分のイメージしていた弁護士と実際の業務内容が全然違っていて、驚くことが多かったです。書面を作成し,裁判所で弁護活動をするだけではなくて,依頼者の方とのやり取りも密に行いますし,相手方代理人や裁判所とも、裁判期日以外でもやり取りしますしね。

 

 

-普段のライフワークバランスについて教えてください。
吉田)私の場合、普段朝10時までには事務所に行き,大体夜の10時までには帰っている、という感じですね。自分の仕事の進捗状況や,友人と飲み会の約束があるとかの日はもう少し早く帰ったりもしています。
江渡)1年目のとき、別の事務所で働く同期が深夜まで仕事しているというようなことを言っていましたが、私の場合はそういうことはなかったですね。今は、弁護士としての仕事にも慣れてきましたし、帰宅時間をこれまでより早めて仕事以外の時間ももう少し充実させていきたいです。
中尾)書面の提出期限に追われているとき等は,どうしても忙しくなってしまいますけど,休みの日や夜中まで仕事しなければいけないというほどの激務ではないので,仕事とプライベートの両立は十分できていると思います。

中尾弁護士-仕事でストレスが溜まったらどうやって発散していますか?
中尾)お酒が好きなので,友達を誘って飲みに行くのが一番のストレス発散ですね。新型コロナの影響で最近はなかなか外で飲むことができていませんが,代わりにオンライン飲み会を楽しんでいます。
江渡)私は仕事で溜まったストレスは早めに誰かに相談して解消しています。それと、仕事以外に熱中できるものを探してそれを帰宅後少し楽しんで早めに寝ることですかね。
吉田)私も、最近はリモート飲み会が多いですが、友人との飲み会とか,後はお風呂で歌を歌ったり,おいしいご飯を食べに出かけたりしてストレスを発散させています。

インタビュー風景-福利厚生や待遇面で嬉しいことを教えてください。
中尾)近隣手当がもらえるのはとても助かっています。また,一人一台仕事用のiPadが支給されており,事務所全体で書面をペーパーレスで管理しているので,毎回重いファイルを持ち歩かなくていいのはありがたいです。
江渡)弁護士会費の負担とか、交通費支給、近隣手当などは嬉しいです。
吉田)近隣手当と交通費支給、本当に助かります。それから,事務所にはおやつが常備されていて,仕事中に小腹がすいた時やリフレッシュしたいとき等に食べているんですが,それも嬉しいです。
江渡)あとは、うちの事務所ではお誕生日会をやっていて、ケーキでお祝いするんです。大人になると、なかなかケーキでお祝いしてもらえる機会って減ってくるので、これも嬉しいです。

-今はどういった分野を扱っていますか?
吉田)離婚が中心ではありますが,交通事故,債務整理,相続といった事件もあり,色々な事件に触れさせていただいています。
江渡)そうですね、弊所は離婚事件が大きな柱ですから案件数は多いですが、債務整理、交通事故、相続事件、強制執行関連の事件もあるので、そこで得た知識が離婚事件でも役立ちます。
中尾)私も、今一番多く持っている案件は離婚事件ですが,そのほかにも相続・破産・刑事事件,隣人紛争や会社の規程作成といった幅広い案件を扱っています。

江渡弁護士-将来、事務所でどんな風に活躍したいですか?
吉田)今は先生方にご質問をしてばかりで頼りないですが,将来的には先生方から意見を求められた際に自分なりの見解を述べられるように,自分の頭で一定の判断ができるようになりたいです。
 また,事件1つ1つに対して全力で向かい,基本的には一人で事件に対応できるようにしていきたいです。
江渡)弁護士になりたての頃と違って、案件の流れや自分の動き等ある程度のことは分かるようになってきましたが、受任から既決までタスク管理をきちんと丁寧にしながら、基本的には自分で全て対応できるようになっていきたいです。それから、離婚事件以外の別の分野でも、なにかしら強みとなる分野を持ちたいです。
中尾)事務所で取り扱いの多い家事事件については,どんな案件でも対応できるといえるくらいのスペシャリストになりたいですね。そのうえで,ほかの分野についても対応できるだけの幅広い知識と能力を身に着けて,事務所に欠かせない弁護士の一人としてカウントしていただけるように働けたらいいなと思っています。

 

ご予約・ご相談はお気軽に

お悩み・ご相談がございましたら、国分寺と八王子にある

ガーディアン法律事務所まで、まずはお気軽にお問い合わせください。